Interview

インタビュー

社員インタビュー Vol.2 Webディレクター山本さん

2021/09/29

 

今回の社員インタビューはWebディレクターの山本さん!
お仕事内容から心掛けていることなどなど、ボリュームたっぷりのインタビューです!

 

 

Q.自己紹介をお願いします!

TheNewGateの山本です。ITP事業部で制作ディレクターとして業務を行っています。
ファッション専門学校で企画を学び、この職業に就いて6年目になります。Web事業盛り上げていきたいと思います!

 

 

Q.Webディレクターのお仕事内容を教えてください!

ディレクター職は大きく分けると、企画と進行管理の2つの仕事があります。
Webの場合は、Web専門になります。

 

ひとつがWebサイトやシステムの企画をするところです。
お客様にヒアリングを行い、要望を汲み取り、企画を立てる。例えば、HPでもコーポレートサイトや、採用サイト、ECサイト、ウェブシステムなのか。まずは作りたいお客様の要望をヒアリングし、企画、方向性を打ち出します。

 

進行管理は、構成から。サイトの骨組みを作って企画と一緒にお客様に提出します。それに合わせて、デザイナーさんにこういう方向性で決まりましたので、デザインはこういう方向でお願いしますみたいな感じの指示を出します。
進行管理は、お客様と作業の方の真ん中に立ってやり取りを行います。作業を振ったり、デザインが上がったら、要望通りにデザインされているかチェックをし、お客様に提出して、お戻しもらったり、真ん中に入って進行を確認します。スケジュール通りに進行ができるように指示を出したり、納品までのスケジュールを見ていきます。

 

 

Q.入社のきっかけは?

入社のきっかけは横手さん(CDO)です!横手さんと前の会社が一緒で「来ない?」って声をかけてくれたのがきったけです。横手さんの話を聞いて、これからの明るい方向性に魅力を感じたのと、社長とも話して、ここならいいなと思って入社したのは大きいです!

 

 

Q.Webディレクターとして心掛けていることを教えてください

まず最初に(指示を)下ろすのがデザイナーさんなので、デザイナーさんが理解しやすい指示出しができるよう、構成やデザインの方向性を決めて、分かりやすいようにしています。
お客様とは細かく認識を擦り合わせをしていくことを心掛けています。例えば、デザインがもうできてしまった後に「ここじゃなかったんだよね」ってことが無いように「間違ってないですよね」「これでいいですよね」って感じで、結構細かくお客様と擦り合わせを行います。

 

 

Q.仕事をする中で大変なところは?

さっきの心掛けているところにも繋がるんですけど、お客様との認識がずれちゃったりして、後々どんでん返しされたことがあったんですよ。「デザインそういう方向じゃなかったよね」とか。お客様としっかり認識を合わせて「これでいいですよね」って証拠を残してあげるのが大変でもあり、難しい部分でもあります。

 

あとは企画が1番大変なところです。ディレクターの1番の見せ所でもありますが(笑)やりたいことが似ている部分は今までやってきた引き出しの中から出せばいいんですけど、新しいことは、ゼロ→イチで考えて作らなきゃいけないので大変さがあります。

 

企画は、その道筋を作らないといけないんですよ。ただ単に、この企画で行きます!では、お客様は納得しません。なぜこの企画にしたの?というところで与件の整理をして、ターゲットはこの人で、こういう行動するよね、じゃあこういう方向性でいきましょう、キャッチコピーもこの方がターゲットに刺さるよねって道筋を作って企画を立てていくっていうのが、自分の引き出しに当てはまらない場合はとても大変です。ゼロ→イチを作るときは結構時間が掛かります。

 

企画が決まって、お客様が「それそれ!」「言いたかったのはそれなんだよ!」って共感を得ることができれば、スケジュールもデザインもスムーズにいくので、1番そこ(企画)がちゃんとやらないといけないところだし、大変なところです。苦しいけど、企画がよかったから受注ってなると嬉しいし、自分も苦しさから抜けたときは嬉しいです。大変なんだけど嬉しい部分でもあります!

 

 

Q.趣味や好きなこと

趣味は写真と犬と遊ぶこと!あとはファッションが好きです!そういう(ファッション)サイト見ている間は、嫌なことを忘れてずっと見てられちゃうかも!これ欲しいな、みたいな。

 

 

Q.Webディレクターを目指す方へメッセージお願いします!

苦しんですよ(笑)仕事としては細かいし、お客様と社内のデザイナーさんの真ん中に立つのは結構大変な仕事だと思います。その分、納品になった時とか、自分が立てた企画やキャッチコピーがWebサイトとして公開された時は「ああやりきったな!」って思います。途中は大変だけど「やりきった!」っていうところが楽しいです。
苦しさもあるんだけど、楽しいことだけだと、それが普通になっちゃうから楽しくなくなっちゃうんですよね。そういう意味でやりがいのある仕事であると思います!

 

 

山本さん、ありがとうございました!
ぜひインスタグラムの投稿もチェックしてみてください!

 

リンクはこちら↓↓↓
TheNewGate公式インスタグラム

 

 

Interview 一覧

Contact

ご依頼やご相談を希望される方は、お気軽にお問い合わせください。
MAIL +

Copyright 2021, TheNewGate Inc. All Right Reserved.